解説・意見など

『あしたを今日より生きやすくするために ~小田原ジャンパー事件の本質~』(野神健次郎)

 ぼくは生活保護の利用者で精神疾患を患っていますが、就労は可能であることから、現在は職業訓練のため、介護職の研修にかよっています。  その研修の内容に、ぼくはたいへんショックを受けました。講義のしょっぱなから「人間の尊厳と自立」について、徹底的に叩き込まれるんです。利用者個人の尊厳を守れと。自己決定権を尊守しろと...
解説・意見など

小田原市生活保護利用者威嚇ジャンパー事件

小田原事件の概要 2017年1月、小田原市の福祉健康部生活支援課職員が「保護なめんな」「我々は正義だ」「不当な利益を得るために我々をだまそうとするならば、あえて言おう。クズである」などの生活保護利用者を威嚇する内容の文言を英語でプリントしたジャンパーを作製、着用していた事が発覚した。一部職員は、生活保護利用者の家...
お知らせ

【転載】生活保護問題対策全国会議の小田原市への公開質問状

生活保護問題対策全国会議が『HOGO NAMENNA(保護なめんな)』ジャンパー事件に関して小田原市に公開質問状を提出しました(2017年1月20日郵送)。公開質問状の全文を転載させていただきます。 ☆転載開始☆ 生活保護行政に関する公開質問状 小田原市長 加藤憲一 殿 生活保護問題対策全国会議...
お知らせ

【お知らせ/転載】生活保護引下げ違憲東京国賠訴訟第3回期日(2016年12月19日)

生活保護引下げ違憲東京国賠訴訟第3回期日が、2016年12月19日(月)11時〜、東京地方裁判所103号法廷で開かれます。閉廷後の11時40分ころから、TKP新橋内幸町ビジネスセンター601号室で報告集会も予定されています。はっさく弁護団ブログからお知らせを転載させていただきます。 ☆転載開始☆ 【...
レポート

【報告】生活保護引下げ違憲東京国賠訴訟・第2回口頭弁論期日

2016年9月26日午後2時~、生活保護引下げ違憲東京国賠訴訟・第2回口頭弁論期日(東京地方裁判所103号法廷)と報告集会(日比谷図書文化館)が行なわれました。私たち「STOP!生活保護基準引き下げ」編集部員2名も街頭情宣・傍聴応援・集会に参加してきました。 2013年から3回にわたり生活保護基準の引き下げが行われま...
レポート

【報告】生活苦しいヤツは声あげろ 貧困たたきに抗議する新宿緊急デモ

生活苦しいヤツは声あげろ 貧困たたきに抗議する新宿緊急デモ      S・M生(生活保護利用当事者)  子どもの貧困問題を扱ったNHKのニュース番組で体験を語ったひとり親家庭の女子高校生がインターネット上で中傷され、人権を侵害された問題で、「生活苦しいヤツは声あげろ 貧困たたきに抗議する新宿緊急デモ」が27日、東京・...